部長 西村 英二
自分自身としては
上とか下とか無いので自然体で同じ目線で接しています。

入社した経緯をお願いいたします。
私の父が木津運送で20年以上働いていて、 幼いころから父の姿を見て育ちました。
今はできないですけど、その頃は父が車の横に私を乗せてくれたので
いつも横で父の仕事を見ていました。
そんな仕事をしている父がとてもかっこよく見えました
なので、小さい頃から父の勤める 木津運送のトラックに乗りたい
という気持ちが湧き上がっていました。

どのような、同僚、部下が多いですか?
明るく、責任感の強い人間が多いです。
なので、押しつけよりも気づいてもらえるように
アプローチをしていくことを心がけています。
最終的に自分で気づいて自分で力を付けていく
形ができるようにアプローチしていければ最高ですね。

社員と接するうえで気を付けていることをお願いいたします
自分自身としては、上とか下とか無いので自然体で同じ目線で接しています。
当然、最低限の礼儀(言葉遣い)は重要です。どちらかというと
自分は(笑い7:仕事3)なので(笑
その3できっちり仕事が出来れば良いかと思います。
仕事は遊び(楽しさ)が無いと面白くないので、
トラックが戻ってきたら、
ドライバーとコミュニケーションを取ることで
相手も自分も楽しませてもらっています。

将来の目標をお願いいたします。
個人的にですが世間的には、ドライバーという職種が見下されていると感じています。
こんなことを以前に言われました。
クレームが入ってしまったときに「ドライバーはアホばっかりだ!」
といわれて、とても悔しい氣持ちになりました。
私は、運送業はとても素晴らしい業界だと信じています。
運んでくれる人がいるから、我々の衣食住が成り立っている。
そういったこともあるのでドライバーの重要さを運送業以外の一般の方々に
理解してもらえる活動をしていきたいです。
そのための一歩としてドライバーの質をもっと上げるために
教育により力をいれていきたいです。