専務取締役 和田 力

働く人の希望に合わせられる会社にして
その人なりの幸せを形成出来る会社にしたいです。

社員と関わる上で大切にしていることを教えてください
高圧的にならないよう、客観的な考え方で接しています。
つまり負の感情(怒り、憎しみ、悲しみ、諦めなど)を入れないように
常に意識して、7割相手の話しを聴くことに集中しています。
その他、誘導にはならないよう注意しています。
自分の考えはあと回しにして、まずはどう思う?と問いかけます。
こうすることで、相手も本音が言いやすくなります。

社員の育成についてどのように考えていますか?
人を育てることは思った以上に難しいと痛感しています。
人によって、スキルや考え方などについて差が有るわけですから。
特に私たち世代は自分自身が人から指導を受けたということがほぼありません。
「見て覚えろ」の時代ですから(笑
そういった所で、これまではその人が持っている
スキルに頼ってしまっていたため、スキルが足りない人は難しい面がありました。
そこで私としては、乗務員さんのコミュニケーション能力を高めるために
おとなしい乗務員さんほど声を掛けるようにしています。
「一人では無いよ」という気持ちも一緒に伝わると思いますので。
それを続けることで、コチラの意見も伝えやすくなり、
結果的に距離が縮まり、コミュニケーションが向上します。
これが相手の成長はもちろん自分自身の成長にもなっています。
その他、徐々に改善されていますが
まだまだな部分も多いので。ドンドン改善していきたいです。

どのような社員さんが多いですか?
みなさん仕事に対して前向きですね。
特にリーダーは前向きで建設的な人が多いです。
自分の担当である荷主さんに対しては、基本NOを言いません。
「どうやったらできるか?」から物事を考えて対応してくれています。
例えば、繁忙期の車両数変更(急な増車依頼)に対しても、
スタッフの休日を上手くやりくりして、何とか荷主の要望に応える姿勢が常にあります。
結果として、荷主との信頼関係を築けていると思います。
乗務員さんは、挨拶がきっちりできて協力的な乗務員さんが多いです。
いつも笑顔で楽しそうに仕事をしてくれる人が多いので
コチラまで嬉しくなります。

会社として今後の目標はなんですか?また、どのような会社にしていきたいと考えています
か?

会社を大きくしていきたいですね。
営業所の増設や、物流倉庫も含む事業なども実施して分社化も図っていきたいと思います。
それだけ活躍できるステージができると
スタッフももっと仕事に夢を持って取り組んでもらえるのではと考えています。
そもそも、いち乗務員として入社した私を
会社が管理業務へ配置転換してくださいました。さらに、白山社長が私を役員に抜擢してくださった。
この期待に応えたいと想い、業務をしてきたことが今の私につながっています。
乗務員時代には考えられない業務ですが
今いるスタッフや、これから入ってくるスタッフにも
「こういう道もあるんだ!」という道を示すこと
それが私の役目と捉えています。
運送業という形態も、時代の流れで変化してきています。
その変化に取り残されないために、色々な取組みを進めていきたいです。
最終的に働く人の希望に合わせられる会社にして
その人なりの幸せを形成出来る会社にしたいです。

入社を考えている方に一言お願いいたします。
働きやすい職場環境へと変革しています。
意見が言える会社、運送業界の地位向上に
皆さんと共に成長していきたいです。
社員のあらゆるニーズに応えられる働きやすさを追究して社員のモチベーションを向上できる
成果を出す頑張った人に利益還元していく
結果として乗務員のご家族も喜ぶ
こんな会社を目指しています。
きれいごとを言うつもりはないですが、運送業は決して楽な仕事ではありません。
ですがその中でも自分なりの楽しみを見つけられる方は
是非木津運送にお越しください。お待ちしています!!